close >>

「レストア」を終えたビートの乗車レポートが届きました。(^^)/ 連休中に「2645㎞」を一気に走破出来ました。

2022年05月22日

本年2月、「イソマサフルコンプリートパッケージ」でご納車させて頂いた赤ビートが、2000キロ走行後の無償点検にてお越し頂きました。<(_ _)>

 

約1ヵ月お乗りになって気になった事や、若しかして不具合か?と思われた部位の確認と改善が一つ目の目的となり。
二つ目は各部のオイル、水漏れ、ボルトの増し締め等の確認作業で、最後にエンジンオイル/オイルフィルター&トランスミッションフルードを交換して作業は完了となります。

 

 

その後、月が替わり5月中旬に再びご連絡を頂きました。内容的にはオイル交換と前回の点検の際に後日「改善」をお約束した作業の為のご入庫日のご相談でした。

 

その際にK/H様からお陰様で何の不安も無く、連休中に2,645㌔のロングドライブが叶い最高でしたとのお言葉を頂きました。

 

 

◎熊本県阿蘇山の絶景なる画像をご提供頂きまして有難うございます。

 

開口一番、小生が発した言葉は、K/H様!! 巷で囁かれている「ビートあるある都市伝説」の洗脳が抜けて無いかも知れませんねと・・・。大変失礼しました。<(_ _)>

 

確りと整備されたお車ですので、特に「一気に何百、何千キロ以上走行しては駄目」だという事も有りませんとお答えしました。m(__)m

 

思い起こせば昨年の夏、ご連絡を頂いた後にご来店頂き。

小生の愛車39万キロ黄ビートへ同乗試乗された際のこと、今日は暑いので先ずはエアコンを入れて走りますね!!と言って走り出し、2速~3速、5~7千回転位い迄小生がアクセルを踏み込んだ際に仰った「そんなに回転を上げて大丈夫ですか?」との発言を思い出します。※いわゆるエアコンあるある話です。

 

旧車となったビートを末永く乗って行きたいと思えば「部分的なリフレッシュ」では無く、部品が揃ううちに総合リフレッシュすなわち「レストア」化が必要だと思われます。

 

その様な思いから、当店が事実上「レストア」を施し「イソマサフルコンプリート」と言っていた文語を、今後は「レストア」と改め、随時創意工夫をしながら作業に邁進して行く所存です。

 

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE