close >>

水まわりの問題は大場所とは限らず・・・。その2

2015年12月11日

DSC08694

この部分にも細いウオーターホースが5本程使われています。

エンジンがボディーに装着の状態で作業する場合はエアクリーナーケースを取り外しての作業となります。

DSC08695

前記事にてご紹介したOリング等と同じ細いホース類ですが、水圧が掛かるところですので水まわりメンテの際には交換が必修な部位。

DSC06576

DSC07659

 

兎に角、旧車は総てに於いて同じ事が言えると思いますが、

各部のメンテについて関連部分を先の先まで想定して取り組む事が寛容かと思われます。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE