close >>

車検整備でお預かりしました。

2016年02月16日

埼玉県のK/A様ご所有の最終110型 VER-Zです。

 

DSC09814

 

今回のメンテナンスは車検整備及び前回までのメンテで残っている部分のパーツ交換です。

 

メインはフロントまわりの各ブッシュ交換一式とエンジンマウント全交換です。

 

DSC09816

 

いきなりの拡大画像、何処のブッシュか判りますか?

 

コレが判る方はかなりの「びーきち」!正解はフロントロアアームの前側のブッシュです。

 

DSC09843

 

取付け場所は画像右側のアームの付け根です。

 

DSC09818

 

※外気温が10度以下の時、丁度今頃の時期にギャップを超えると決まってフロント辺りから「ギュウコッ!」っと鳴り出す音。

 

このロアアームブッシュBが原因の場合が多いですね・・・。

 

まあ放っておいても、暖かくなると何事も無かったように聞こえなくなる音ですが・・・。(T_T)

 

DSC09821

 

スタビライザーのブッシュも交換。コチラのブッシュは左/右2個交換します。

 

DSC09836

 

通称串団子と言われるラバーAスタビライザーも左/右総て交換します。

 

結構潰れて小さくなっていますね~ 大変お疲れ様でした。m(_ _)m

 

DSC09845

 

DSC09830

 

更に折角の車検整備入庫です。足まわり測定も工賃に含まれますので、左/右タイロッドエンドASSYもお客様のご依頼にて交換しました。

 

DSC09833

 

※因みにビートの場合リヤ側ブッシュ類交換の場合、殆どがロッドASSY交換となります。

 

この個体の既に交換済リヤ側の画像です。

 

DSC09847

 

前回作業しなかったエンジンマウント関係も今回交換となります。

 

DSC09849

 

ミッションサイドのマウントです。アイドリング時のステアリングのブルブル振動。気になりますね~

 

DSC09848

 

トルクロッドの部分のブッシュが付いている部分、コチラも上記のブルブルの原因が大の部位。

 

DSC09855

 

エンジンサイドマウントです。コチラは取り外すと殆どがパックリと割れています。

 

エンジンをまともに支えている場所ですからね~・・・。

 

エンジンマウントについてはビートの肝とも言える部分。

 

交換するとバラ色の展開が待っている方と、交換したが為に余計な部分のやれ・ガタ等が気になる方がいるのは否めません。

 

※要するに総合的なメンテが「原点回帰」への道という訳でしょうか。

 

※次回は本年辺りから車検時に当店が推奨している前/後ブレーキキャリパーオーバーホールをご案内します。

 

リヤ側キャリパーASSYもメーカー在庫は既に無くフロント側も10数個しかない状況を踏まえ、焼き付かないうちに対処する事をお奨めしております。

 

以前もブログに書きましたが、小生の場合毎日120キロを走行していたにも関らず突然!リヤ側キャリパーのピストンが焼き付き、再使用不可の状態になりました。

 

当時は新品部品にて対応できましたが現在は・・・。

 

その・・特にリヤ側がヤバイ!です。

 

OHの画像は次回へ

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE