close >>

ブレーキキャリパーOHの様子です。

2016年02月19日

前々回の記事にてご案内した今後において、駄目では無くても数年に一度はメンテを施して置いた方良い部分。

 

DSC09899

 

上記はフロント側のブレーキキャリパー。

 

DSC09906

 

通常はディスクパッドを上から挟み込むような形でこの部分に付いています。

 

DSC09896

 

コチラがリヤ側のキャリパー。

 

DSC09900

 

清掃後のシリンダー内の様子。

 

皆この様であれば問題内のですが、ピストンと共にキズ・錆が進んでいるとブレーキ液漏れ及びブレーキ焼き付きの原因となる為要注意!

 

DSC09904

 

リヤ側はフロント側に較べ動きが鈍く、この様な状況が結構多目。

錆ですね~

 

DSC09894

 

シリンダー内を清掃後、各シール類も交換します。

 

DSC09902

 

この様な特殊工具を用いて作業します。

 

DSC09913

 

突然!引きずり・焼き付きなんて・・・怖いですよね!(^_^;)

 

下記は簡単な確認方法です。

 

ご参考までに

平らな所でD席の窓を開け、サイドブレーキを緩めてボディーを前後に押してみてください。

 

スルスルと動けば問題なし!動きが重いようなら何処かのキャリパーが引きずり又は引きずり初めの可能性大です。(>_<)

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE