close >>

水回りのメンテで発見!鳥は何度かありますが鼠はお初で・・・最悪は車両火災も!! (-_-;)

2016年04月16日

本来はリヤスクリーン交換希望にて御来店されたお客様でしたが・・・。

 

無料車両点検を実施した結果。リヤスクリーンよりも水まわりパーツ交換が優先ではとお奨めし、この度、作業させて頂きました。<(_ _)>

 


DSC00608

 

エンジン回り補器部分のウォーターホースを交換の為リッドを取り外すと、エンジンとミッションの間に「大量の藁くず」が・・・。(‘_’)

 

DSC00606

 

過去に鳥の巣は何度かありますが、今回は鼠の巣でした。

 

DSC00607

 

鼠だと判ったのは子ネズミの死骸が数匹・・・・

ギョエ~ッ(ToT)

暖かい場所ゆえ子育てには良い場所なのでしょうか?

 

DSC00611

 

それにしても尋常ではない藁くずの量です!!

 

DSC00612

 

作業の際に取り外したエアークリーナーもご覧の通り凄いことになっており暫く交換されていないのは明白です。恐らく過去における車検の際に交換されていなかったと言いうか、車検の際にこの近辺の確認すらスルーされていたようです・・・。( ̄ー ̄)

 

因みに純正エアークリーナーは湿式タイプで清掃不可となっており、この様な場合は即新品に交換となります。

 

上記の内容からして普段から余り乗らず、むしろ暫く屋内に放置されていた個体と判断できます。

 

DSC00604

 

大量の藁くずの中に見えるパーツはシフト関係のリンク類が見えます。

 

このような状態ではシフトチェンジにの際にギヤが時々入らなくなるなどのトラブル発症も否めません。

 

また、この様な状況の場合、最悪は走行中に車両火災発生の危険性もありました。 (>_<)

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE