close >>

充電系のトラブル予防の為。オルタネーター(ダイナモ)の交換を実施しました。(^_^)v

2017年02月03日

当店のお客様所有者の中に、新型トヨタ86に採用されているブルー色に全塗装を施工製作させて頂いた車両が2台あります。

 

 

上記車両はT/T様ご所有の86ブルーBEATです。(赤色エンブレム)

 

 

今週日曜日に納車させて頂いたY/K様の86ブルーBEATでは御座いません。(黄色エンブレム)(T_T)

 

実はこの個体は先週26日(土)に入庫しまして上記Y/K様が27日(日)に御来店の際、

サプライズにて同じ場所に2台置きしておりました。(*^_^*)

 

では本題に移ります。

 

T/T様ご所有の赤バッチの車両については、この度、車検にてお預かりしました。

 

走行約10万キロですのでビートの中では比較的少走行の車両だとは思われますが、

折角の車検整備なので、このタイミングを利用して今後壊れる可能性の部分を教えて欲しいとの事で・・・。

 

であらばと、最近少しトラブルが増え始めた充電系のメンテナンスをご提案しました。

 

 

 

現在のところチャージを測定しても問題は無いのですが、来たるべき時期を考え充電器(オルタネーター)リビルドASSY交換をお奨めしました。

 

 

 併せて上記とは違う部位にはなりますが、「O2センサー・マップセンサー」も交換をご提案しました。

 

上記2点の同時交換をした場合。アクセルレスポンスや燃費向上にと良いことずくめの為、最近は当店のマイブーム的な感じです。

 

 

画像はマップセンサー(新品)です。

 

現在、車検整備時に当店が推奨為ているブレーキ系のフルオーバーホールに続き、次は電装系へと移行して参ります。

 

目差せ!10年先迄現役で!!

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE