close >>

AZ-1のエアコンメンテナンスの様子です。

2020年04月28日

千葉県在住のS/A様ご所有のAZ-1です。

 

※以前から再三ご紹介しておりますが・・・S/A様はAZ-1の他に、BEAT無限仕様ABS/LSDもご所有のA/B2刀流のユーザー様です。(*^。^*)

 

 

この度は法廷12か月点検と併せ、エアコンのメンテナンスを承りました。

 

複数台数のお車をご所有の為、前回の車検から現在までそれ程距離も少な目の為、点検については特に問題なく終了。

 

さて本題のエアコンのメンテナンスとなりますが、症状としてはエアコンが全く効かない!スイッチも入らないとの事。

 

 

現走行距離は26000キロと、旧車としては非常に少ないのですが、矢張り、経年劣化には勝てずと言ったところでしょうか?。

 

先ずコンプレッサー本体を確認。

本体にはオイル漏れを起こした痕跡があり、現車は少走行という事も有り、現物を使いコンプレッサー本体のリビルド化を実施しました。

 

またそれと同時に、R12フロンガス⇒R134ガスへのレトロフィット化も実施。

 

 

その後ガスチャージをを試みましたが、R134ガスを規定量まで充填するも、全く作動する気配が有りません。(;^ω^)

 

 

スイッチを入れてもコンプレッサーが作動せず? で、次に疑うのは配線関係。

引き出して調べてみるのですが、整備性はビート同様に整備性は良くなく・・・。

 

 

結局ダッシュを取り外しての作業となりました。

 

 

当店の整備士自身、新車時から現在もCARAを所有にて自分の車を治すようなものでしょうか?。

 

 

配線部分も何か所かの断線を発見し、結線の引き直しを図りました。

 

 

更にエアコンのコントロールユニットに於いても不具合を発見!!しかし、このパーツは既に製作廃止となっており万事休す・・・。

 

しかし、そこからが当店の腕の見せ所?かと・・・。

 

今回は何とか修復作業にてエアコンの動作復活が叶いました。

 

 

ご覧の様に温度も摂氏8度まで下がり通常使用が可能となりました。

 

只、今後、再び同様のトラブルを発症するようで有れば、復旧は可也難しい状況となります。”(-“”-)”

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE