close >>

大衆車の宿命?車齢が20年を超えると欠品部品も非常に多くなりますね・・・。(~_~;)

2020年05月09日

 

BEAT&TODAY のMTREC2刀流、M/F氏の車両となります。

この度は車検でお預かりいたしました。

 

 

さて、表題の通り、若しも新品パーツが無ければどうすれば良いか?

最悪は中古良品対応で行けるんじゃ―ないの?何て、思ってらっしゃるとしたら残念ながらそれは間違いです。

 

 

TODAY( E-JA4)は車両販売が終了となって既に22年が経過し、最近ご近所でもその姿を見かけなくなりました。(*_*)

 

となれば新品パーツの需要も減りますので、新たな追加製作はせず!在庫が無くなり次第に販売終了、又は廃棄・・・。 これが通例となり得ます。

 

更に中古パーツに於いても需要が無ければ倉庫の肥やしと言う事で処分対象となって仕舞うのは必然。

従って、中古部品商に問い合わせるも、お目当てのパーツの入手には大変苦労しております。(-_-)

 

 

従って旧車を長く走らせるとお考えで有れば、新品パーツ供給が有るうちに交換する事が寛容。

 

そんな訳で新品在庫が入手可能である今のうちに、フロントロアアーム部分はブッシュ単体ではなくASSY交換としました。

※実はブッシュ単体の打ち替え交換よりも、ASSYの方が意外にお値打ち価格なのです。( ..)φメモメモ

 

 

大変だったのは普通に在庫が有りそうなリヤ側ブレーキのホイルシリンダーASSYとカップキット部品がが既に生産終了。

他車種のカップキット流用にて何とか対応が叶いました。(^^)v

 

 

画像撮影時には何と偶然!!2台同時にドライブシャフトASSYの交換作業の施工となりました。

 

 

◎最近ヤ〇オクやメル〇リなどにTODAYが沢山売りに出されているのは、部品供給の問題も手伝い、維持する事が難しくなったからだと推測できます。

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE