close >>

カプチーノの原点回帰その4

2016年03月09日

エンジンをボディーに搭載したところからの続きです。

DSC00157

DSC00164

DSC00162

ラジエーター本体を含む水まわりパーツも総交換。

DSC00151

この手は走行が増えると各プーリーから音が出ます。新品のプーリーに交換。

DSC00153

各エンジンマウントも新品に交換。

DSC00150

エアコンコンプレッサーもクラッチから音がしてましたのでリビルト品(再構築)と交換。

DSC00160

マフラーのテール側もスチールから社外ステンレスへ交換。純正スチールタイプは水が溜まって裂けちゃいます。

DSC00176

エアコンにR12フロンガスを充填。

いよいよエンジンを始動! ブブ~ンと懐かしい咆哮!

次回は室内のドア内張りの修理・CDデッキ等を今風に交換とNANOバリヤガラスコーティングの施工を残すのみ

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE