close >>

スズキキャラの一生一回メンテ其の2

2016年09月26日

前回の続きです。取り外したエンジンをコラボ先に送る為の準備中です。


dsc00079

 

 

dsc00066

 

補器類を外してエンジン本体のみにする作業中です。

 

dsc00065

 

 

dsc00082

 

一通り補器類を外し終えたら、エンジンを各角度から撮影します。

 

dsc00081

 

コラボ先から自社に戻ってくる際に、パーツが付いていた付いていなかった等などの不備があると、

欠品パーツ供給のために費やす時間が結構かかってしまいその時間が勿体ないからです。

 

dsc00084

 

現車はスズキキャラですが兄弟車であるマツダAZ-1とスズキカプチーノ(EA11R)等は、

皆このF6A型と言うエンジンを搭載しています。

 

 

dsc00083

 

※以前こんな事が・・・。
オイルレベルゲージがコラボ先の手違いにて紛失したままエンジンが出来上がってきました。

 

当然、確認の連絡をし、先方の落ち度にて現物を頂いて事なきを得ましたが、
カプチーノのオイルレベルゲージは既に廃盤部品。

 

あとで担当から聞きましたが、単品では譲って貰えなかったようで、
レベルゲージ1本の為にF6A中古エンジンを1台買ったそうです。(>_<)

 

旧車はこの辺が大変なのです。

 

dsc00085

 

上記の様な理由も含め、

外注先に送る前に現物の画像を撮影しておく訳です。

 

また全塗装の場合も同様で、ドア廻りとかチリとかボンネット廻りのチリの具合とか、各凹みの度合い等。
手元から離れて出来上がってきた時点で作業前の状態と見比べながらの完成検査をします。

 

愛車が手元から暫く離れて他人へ預けられると、

引き取り時に何か違ったみたいな感じが気になるのは小生だけでしょうか?(-_-)

 

情報として当店では、管理ユーザー様の整備明細書を活字で、また作業状況も画像にてしっかりと管理しております。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2023 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE