close >>

改めてBEATに感動!トータルバランスが大事ですよね~。

2013年08月22日

昨日よりお仕事再開させて頂いております。
休み前に、ぎりぎりでWPC(DLC)ピストンキットOS66.15(659.88CC)を組み込んだエンジン及びWPC処理ミッション組み上がりました。

CIMG6440.JPG

今回は特に小生も出来上がりが楽しみにしておりました。
実は各部フルWPC(DLC)加工ではなく、お客様のご要望に重点をおいたメニューにて組上げたエンジンなのです。

CIMG6441.JPG

 

通常お勧めしている保証付リビルトエンジン(通常は現車のエンジンにて製作)に若干の+α料金にて製作した個体です。
で、お盆中の夜間(距離を稼ぐ為)試運転をしておりました。

流石に静かですね~。

そして、BEATに欲しいあの3~4速登り坂での少しだけ・・・の。(判る方のみご参考に)

「パンチ」が効いてますねこのエンジン!
それ以上のパワーはかえってビートの場合は邪魔かも?。

何時もながらに思いますが矢張りトータルバランスが大事ですよね~。

いかにBEATと言う車が、660CCの排気量の中でバランス良く作り込まれているかを堪能出来た瞬間です。

*但し、エンジンだけを考える前に水回りを先にメンテするか同時にメンテするかがポイントですよ!

画像参照
H7年式 110型 VER Z 走行42816キロ タイベル関係交換で入庫車両です。

 

CIMG6587.JPG

既に水漏れが始まっています。
これを見た瞬間ユーザー様と共に悲鳴じみた雄叫びが工場内にこだましました。
スミマセン、小生盆休みの間、漢ドラの観すぎで・・・(笑)

CIMG6588.JPG

ご覧のような状態です。

CIMG6591.JPG

ラジエーター本体を含むサブタンク・ホース等もケチらず全交換がお勧です。何度も同じ事を言いますが、エンジンの事はそのあとで考えましょう。

ユーザー様曰く、 イソマサに連絡したのは虫の知らせかと・・・(^_^;)
※小生は虫なのでしょうか???(*^_^*)

年式走行距離には関係無く経年劣化は怖し!です。

 

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE