close >>

総合メンテナンスでお預りの黄ビートが完成しました。(^^)/

2020年11月03日

車齢30周年を目前に控え、更に10年先迄大きなトラブルも無く乗って行きたいとのご要望を大変多く承っております。<(_ _)>

 

ご紹介の車両に於いては、正に上記イメージを実際にメンテナンス施工し、再現させて頂いた作品とも言っても過言ではないと自負しております。(^^)v

 

 

大変お待たせいたしました。 <(_ _)>  T/K様ご自慢の黄ビートの総合メンテナンス作業が終了し、この度納車の運びとなりました。

 

 

御覧のようにリフレッシュが叶ったエンジン本体と併せて、付随する各パーツも確実に交換する事が旧車整備の肝となります。

 

今回予防交換となったオルタネーターを始めとする各パーツ類が光っていますね!! (*^_^*)

 

 

フロント周りのメンテナンスも確りと行いました。

 

再販が叶った「ステアリングラックエンド」の交換と共にラック本体もブーツ交換グリス入れ替えのリフレッシュを実施しました。

 

また、各ブッシュ類の交換と同時にサスペンションキット(イソマサ車高調)へ交換。

 

ラジエーター本体を含む電動ファンモーター等の水回りのALL交換。

 

 

同時にミッション本体は経年劣化にて起こり得るオイルシールからオイル漏れ対策の為、現況問題が無くても予防の為、オーバーを実施しました。

 

※その際に他店では手に入らない製廃パーツに於いても、自社開発にて対応としております。※追加でクスコ製LSDを装着させて頂きました。

 

また、左右に光るのは再販が叶った「リヤブレーキキャリパーASSY」となりますが、このところサイドブレーキの利きが悪くなり、オーバーホール施工を試みるも改善が望めない物も増えて参りました。

 

その様な訳で、この程スライドピンの供給終了となってしまった「フロントキャリパーASSY」と併せて新品交換をお勧めしております。

 

 

排気系のカバーについては錆・腐食防止の為にWKOS”製耐熱塗料にて仕上げました。

 

また、リフレッシュが叶ったエンジンの熱害の軽減を狙い、RS MACH製水冷オイルクーラーを装着致しました。

 

当店がフルコンプリートパッケージにて販売するビートに於いては、ほゞ上記の内容を実施してご納車指せて頂いております。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE