close >>

車検でご入庫の際に新品ヘッドライトユニット交換とLED化をお勧めしている理由とは。<(_ _)>

2021年03月03日

茨城県在住のK/A様ご所有のVER-Fです。

 

 

下記記事は今から丁度2年前に経年劣化部位のメンテナンスと車検を承った際のものです。

 

とてもうれしく素晴らし出会い・・・記事でご紹介したK/A様ご所有車VER-Fの車検整備の様子です。

※スマホでご覧の方は上記文字をクリックするとご覧になれます。

 

そしてまた再び車検の時期となり、この度ご入庫頂きました。<(_ _)>

 

 

検車させて頂くと新車時から装着されている「ヘッドライトユニット」の劣化が進んでおり (-_-;) 車検合格基準である光度15000カンデラをパスするのが容易ではなさそう感じです。

 

※実は2年前の車検受験の際にはレンズの表面を一生懸命磨き、更に小糸製ハイワッテージバルブを取付た状態で受験するも、規定光度ギリギリでやっとの合格でした。

 

 

問題は透明なレンズの曇りだけでなく、レンズ内部の反射板(ディフレクター)の劣化し反射が弱くなってしまい車検不合格なってしまう訳です。

 

ですから、たぶん今回は万事休すかと思われ・・・。(;^ω^)

 

 

そのような訳で、このタイミングにて左/右の「ヘッドライトユニット」を新品に交換させて頂きました。

 

 

また既存装着のハロゲンバルブの熱量が原因でのレンズの劣化を懸念し、「レンズ保護」と「大幅な光量アップ」を目的に日本ライティング製「LEDキット」も併せて装着となりました。

 

※LEDランプ装着をお勧めしているのは、小糸製ハイワッテージバルブの製廃も理由の一つとなります。

 

 

上記は6000ケルビン装着でのロービームで、雨模様でも結構良く見えます。(^^)/

 

 

こちらはハイビームの参考画像です。

 

 

車検取得の際の光軸調整等を考え、当店がお勧めしているのは車検対応品で精度も高い国産品日本ライティング製をお勧めしております。

 

尚、通販と価格は変わりませんが、当店で取付頂いた場合は装着時から3年間のロング保証となります。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE