close >>

純正フォグランプのバルブ交換

2015年11月19日

フォグランプのバルブ切れにてバルブの交換。

一見なんの変哲も無い作業のようですが・・・。


DSC08296

しかし、ビートの場合い結構大掛かりな作業に発展する時があります。

何となくお気づきにの方もおられると思いますが?そうなんです!サビが原因で取り付けボルトが殆どまともに外れません。


DSC08295

最終的にはバンパー本体を取り外しての修正作業になりかねません。
日頃から外側のカバーを外して、潤滑剤等を塗布しておいた方が良いかも知れませんね!。ステンレスに交換するのも対策の一つでしょうね。

不灯の場合は車検は不合格です。※修理して点灯させるか、フォグランプの器具をバンパーから取り外すかの対応を迫られます。

車検等でお預かりして最初に灯か類の確認をしますが、完成検査受験直前に突然!バルブ切れて何故か結構多いです。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE