close >>

神奈川県のK/Y様の赤ビートを総合整備でお預かりしました。<(_ _)> 最終章 車検取得後の試運転の際に思わぬトラブルが・・・。

2021年12月24日

 

神奈川県のK/Y様の赤ビートを総合整備でお預かりしました。その最終章となりました。

 

 

各部メンテナンス終了の後に当初の予定の通り継続車検を取得。いよいよイソマサオート恒例の1セット50キロメートル×αのロードテストの開始となります。!(^^)!

 

 

先ずは50キロメートル程を走破しましたが、特に問題も無くエンジン&トランスミッションを含む各部の仕上がり状態は最高でした!!

 

その後リフトにて検車を実施し、オイル漏れ・水漏れ等の無き事をチェックしましたが特に異状は認められませんでした。

 

※比較的お住まいが近いお客様の場合は、その後の初期慣らしを兼ねた走行をお客様自身でお願いしています。

 

但し、今回の場合当店からお客様のご自宅迄の実走距離が片道約180キロ程と微妙な距離となっており、NEWエンジン搭載後の約500キロ時の初回無料点検を行うとすると納車の後、折返し直ぐにご入庫頂く様になってしまいます。(-_-;)

 

特にこの時期となれば年末年始のお休みも重なり、思う存分「原点回帰」が叶ったマイビートを乗りになりたい気持ちはビート乗りの小生とて同じ気持ち

 

 

そこでお客様と相談し、納車までの期間に出来るだけ初期点検の距離に近かずけるように小生が初期慣らしを兼ねた試運転を実施し、

 

納車来店の日にお客様自ら残りの距離を試運転をして頂いた後に再び来店頂き、「エンジン搭載後約500キロ時の初回点検及び油脂類の交換」を済ませて自宅にお帰り頂く事となりました。<(_ _)>

 

その様なことで再び作業の合間を見ながら一般道のロードテストを慣行。すると丁度トリップメーター指示100キロメートル程のところで、突然!!リヤ側から「ゴ~ゴ~」という「うなる」ような音が聞こえ始めました。

 

一体何の音だ~

 

一瞬「トランスミッション」からの音かと思いましたが・・・ (@_@) 暫くすると何事もなかったの如く音は聞こえなくなりました。 (‘;’) 

 

では路面から伝わるタイヤのロードノイズなのかも? いえ!タイヤは新品で凄~く静かですし・・・

 

あと考えられるとすればトランスミッションの不具合?、でもの中身はギヤを省き保々新品部品だし、もしも「デファレンシャル」であれば常時唸り音が出ると考えられるのでそれも違うし

 

ではどこからの音なのでしょうか? ”(-“”-)”

 

 

再び工場に戻り下回りを点検の後、エンジンの回転数を徐々に上げてゆくと、4000回転付近で後部下側から「ゴーゴー」と唸るような音が聞こえてきました (;^ω^) 

 

現車の走行距離は47000キロである事、また個体の程度からして疑うことをしませんでしたが・・・。

 

原因は「既存装着マフラーの内部の劣化」でした。

 

早々、お客様にご連絡を差し上げその諭旨を説明し、その結果、新しい「スポーツエキゾースト」を装着する事となりました。<(_ _)>

 

※ 取り付けの様子は部品が届き次第に追加画像をアップさせて頂きます。

 

 

その後再び、12月25日(土)午前中のご納車に向けて初期慣らしを兼ねた試運転を再開しました。

 

走れば走る程にエンジンの吹け上りは力強よさを増し、トランスミッション操作も小気味良さが更に増してきました。(^^)v

 

 

23日の午後2時までのオーダー時間に何とか間に合い、翌24日(金)の午後3時以降の到着を待ちましたが2時間程待った5時になっても商品は届かず・・・。※クリスマスという事もあり大変込み合っているようです。

 

運送会社さんの配達中の担当ドライバーと待ち合わせて商品を預かり、岐路に。

 

 

しかし道中の道の混み様は尋常ではなく・・・それでも何とか到着。

 

一方作業場ではその間に現車をリフトアップにて既存のマフラーを取り外し準備万端。(^^)v

 

 

無事新しい「スポーツエキゾースト」の装着が完了!! 排気漏れ等を確認の後早々に試運転開始となりました。

 

 

前出の通り大変道路も混み合っており、余り距離は乗れませんでしたが、交換前と比べ新しいマフラー装着後のエンジンの吹け上がりは想像以上のものとなりました。(@_@)

 

 

そしてご依頼の最後の作業となったのが「無限製ステアリング」の取り付けとなりました。

 

バックスキンへの「ファーストタッチ」は是非!!オーナー様がとの当店の思いで一番最後の作業とさせて頂きました。m(__)m

 

 

K/Y様 明日は楽しみにしてお出かけください。

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE