close >>

走行の際のフィーリングの善し悪しを大きく左右する重点ポイントの一つ。機能上問題はありませんが、例の音が絶えがたくクラッチをオーバーホールしました。

2017年10月26日

茨城県在住のS/K様の愛車です。

 

現在の走行距離は約18.3万キロで前回約12.5万キロ時に、

リビルドミッション搭載と共にクラッチオーバーホールを実施しました。(T_T)

 

 

特にクラッチが繋がりづらいという訳では無いのですが、

走行時、特に加速時に聞こえてくる「ジャラジャラ音」が気になり、

クラッチ系のオーバーホール施工となりました。

 

 

ベテランビート乗りの皆様は既に承知の通り (^^)/ 

2300回転~3000回転付近にて発生する例の「ジャラジャラ音」原因とは・・・。”(-“”-)”

 

ディスク内側にある4個のスプリング部分がすり減ってしまい、本来カシメ固定されているスプリングが緩んでしまい発生する音。(-_-)

 

 

クラッチ系のパーツを一新します。

クラッチ系カバー・ディスク等は純正品使用を強くお奨めしています。

 

この件、最近になって何度もご案内しています・・・。 他クラッチ系記事にてご確認願います。<(_ _)>

 

 

画像はクラッチの奥側のエンジン部分。

フライホイールを取り外した状態でのエンジン側の画像となりますが、クランクシャフト裏側のオイルシールが見えますね。

 

 

拡大してみるとオイルシール周りが「シットリ」と濡れています。

 

これ、実は「エンジンオイル」のにじみ痕なのです。(@_@;)

 

 

クラッチ系オーバーホールの際にこの「オイルシール」交換を怠ると、

更にオイルが漏れが進行し・・・。

 

最悪の状態を想定した場合。クラッチ系を一新したのにも関わらず「クラッチスベリ」を発生する可能性がたたくなりえます。(>_<)

※従って、クラッチオーバーホールの際には必修交換部位と当店では定めています。

 

良い状態にて車令35歳を迎える為には、

パーツが何とか揃う今がメンテナンス時期だと思われます。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE