close >>

毎日の運転がとても楽しく!!気が付くと走行距離が…。(‘_’) で、数回に分けての作業をご提案しました。

2021年03月31日

茨城県在住のN/Y様ご所有の赤ビートですが、氏は日常的にビートを使用されてお出でのヘビーユーザー様です。

 

 

約3年ほど前に⇒「フルコンプリートパッケージ」にて販売させて頂いた車両となります。

 

 

また納車整備の際には別途有償にて「少走行の純正ダンパーキット」とリヤ側のロアアーム、コントロールアーム、ラジアスアームブッシュ等を新品交換にて納車させて頂きました。<(_ _)>

 

従って当面は各部のメンテナンスに気を使う事無く安心して、楽しいビートライフを送って頂ける予定でしたが・・・。(^^)/

 

 

しかし、ビートの面白さにどっぷりと嵌って仕舞い、気が付けば納車から約2年半で約5万キロ近くを走行。となれば、走行距離数と比例して消耗パーツの交換も必至の状況となります。(;^ω^)

 

その様な状況の中で迎えた昨年10月の車検。当店としては消耗パーツの交換をご提案させて頂きましたが、ご本人としては予期せぬ提案で予算の都合もあり、特に大きな出費となりえる消耗部位のメンテナンスは行わず車検取得となりました。

 

その後、今後改善が必要である部位のお見積もりを製作させて頂き、ご相談の結果。近々で何回かに分け消耗パーツ交換メンテナンスを施工する事となりました。

 

 

そして本年2月にはリヤ側ブレーキキャリパーASSY新品交換を施工され、今後の車検の際に問題となりえる「サイドブレーキ」の効き問題を先ず解消しました。

※フロント側はタイミングを見て後日交換予定となります。

 

 

そして3月末となり、残りの消耗パーツ交換を含めたメンテナンスを実施されました。

 

リヤ側の足回りやブレーキ系統が一新されると当然に気になるのが、経年劣化により発生し得るステアリング系とブッシュ類の「ガタ」。

 

ステアリングラック本体をボディーに固定する役目であるブッシュの交換は、停車中にステアリングに伝わってくる振動や、荒れている路面でのブレーキングの際に起こるの振動等が解消されます。

 

 

上記ステアリングラックブーツの割れも車検不合格となりますのでこのタイミングで交換としました。

 

 

また、ブーツ交換と併せて純正再販となった「ステアリングラックエンド」を交換する事に依り、コーナリングの際のステアリングの操縦性は極端な向上が望めます。(^_^)v

 

 

更に今回は上記と共にフロントロアアームA・Bブッシュの打ち替え交換も施工されました。

 

昨今は経年劣化により硬質ゴム製ロアアームブッシュにヒビが入ったり、走行距離によっては瘦せてしまい「フロントロアアームガタ」にて車検をパス出来ない場合も増えておりますので、是非!!施工したい作業でもあります。

 

車検の後、作業期間をずらし数回に分けてのメンテナンス施工となりましたが、作業実施の甲斐あって当面の間は大きな出費が抑えられそうです。※但し、販売納車の際に確りとメンテナンスの実績あっての事ではありますが・・・。

 

車両お引き取りでご来店頂いた際には、即座に愛車の試乗をお願いしました。<(_ _)>

その後、暫くしてお戻りになったN/Y様の満面の笑みを拝見し、その効果の違いを感じて頂いたと確信しました。(^_^)v

 

N/Y様、引続き楽しいビートライフをお送りください。(*^。^*)

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

“毎日の運転がとても楽しく!!気が付くと走行距離が…。(‘_’) で、数回に分けての作業をご提案しました。” への1件のコメント

  1. NY より:

    楽しすぎて、あっと言う間に5万キロって感じでした!
    何の不安も煩いもなく、ビートの走りをここまで楽しめてしまうって、改めて感動です。
    本当にありがとうございます!

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE