close >>

水周りメンテ新たな水漏れ部位を発見して仕舞いました。今後は水漏れ警報を発令するようでしょうか?

2014年05月10日

再三ご紹介しているラジエーター本体を含めた水漏れ部分に新たな部分を発見!

DSC01904.JPG

今回はエンジンに付随するホースからの水漏れの発症となります。

DSC01905.JPG

EACVバルブ部分を含ウオーターホースからの水漏れも出て参りました。

DSC01992.JPG

この部分は全部で5カ所にゴムホースを使用しています。

DSC01991.JPG

画像の様にエンジンリフレッシュ目的にて本体を外している状態ですと何の問題もなく交換可能でっすが・・・。

5カ所全部交換となるとインテークマニホールドの付け根から脱着にての作業になります。

標準工賃2.4Hの作業です。

それとここも出て来ました。

DSC01897.JPG

サーモスタッドのキャップとパイプの付け根部分のOリングからも・・・。

画像では見えませんが上部にもう一本ウーターパイプがあります。

人間の体と同じで同じ系等でもどんどん進んで行きますね・・・。やるなら一度に全部と言う事です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE