close >>

トランスミッションの件ですが、案外に知られていない事かも知れません。

2014年06月08日

毎度お馴染みのトランスミッションメンテナンスの様子です。

 

DSC02208.JPG

 

パーツはファイナルドリブンギヤで、良く「ファイナルが・・・」などと言われているパーツです。内側がデファレンシャル(デフ)です。

 

ご存じだと思いますがBEATの場合はミッションのケースの奥側にデフケースを備えています。また、ミッション内にデフが同居している為、オイルも共有しています。
従って、ミッションオイル交換とはデフオイルも一緒に交換すると言う意味になります。


ビートの場合、純正ミッションオイルMTF-3が必須!となっておりますが、代用としてエンジンオイルの固さで10W-30と同等が使用可能(整備書にも記載されています。)

因みにスズキ車などは75W-90/ダイハツ75W-80が推奨です。

また、数字が大きい程オイル粘度は硬くなります。



DSC02371.JPG

 

上記を踏まえ、町の工場とかで整備を施工した際に堅いオイルを入れられてしまい、シンクロナイザースリーブ系を痛め「ギヤ鳴り」やギヤの入りが渋い等の現象をいくつも診ています。

 

そのような場合には、駄目もとで一度純正MTF-3に交換してみるのも良いと思います。(但しベアリングのゴゴー音は消えません)

 

DSC02209.JPG

 

上記画像はミッションオーバーホール中の画像で、低フリクション化とパーツ強度を高める事を目的に、各パーツにWPC加工処理を施工しました。

白っぽいパーツは1~2速シフトフォークというパーツで、奥側の2本の手前が3~4速、一番奥が5速用となります。

 

 

実際にWPC加工処理したパーツに手お振れてみると、スルスル感というか抵抗がないスベリの良い感じに変身します。(^^)/

 

因みに小生のパールびーに使用してますが、気持ちが悪いほどスポ!スポ!シフトチェンジが出来ます。

 

元々シフトフィールが良いビートです。ですからどんだけ~え凄いかと言う事。

 

施工済み車が御座いますので、御来店頂き、是非!異次元のシフトフィーリングを体験頂きたい物です。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE