close >>

車検の際に電装系パーツを一新!!更に車検対応部品でヘッドライトの「LED化」を図りました。(^^)/

2022年02月22日

 

茨城県在住のM/U様ご所有の赤ビートとなりますが、この度は車検にて車両をお預かりしました。

 

 

特に今回行う車検での重点部分は、ヘッドライト交換と共に付随する各電子パーツの交換となります。

 

 

「ヘッドライトユニット」を交換する為に、先ずはフロントバンパーの取り外しから開始となります。

 

 

そして上記が既存装着されていた「ヘッドライトユニット」となります。レンズの外側はクリーニングを施す事に依りある程度の輝きは回復します。

 

しかし、ユニット内の反射板(ディフレクター)が曇ってしまい、車検の際に光度(カンデラ)基準値である15000カンデラをクリアーできず、車検不合格となる車両が数年前から増加傾向にあります。

 

 

その対応として当店では車検取得の際に「ヘッドライトユニット」と併せ、更に光軸調整と光度(明るさ)を考慮して、車検対応品で精度も高い日本ライティング製の「LEDキット」の装着をお勧めしております。

 

※LEDランプ装着をお勧めしているのは、小糸製ハイワッテージバルブの製廃も理由の一つとなります。

 

 

従来のハロゲン球や社外HIDなどと比べて数段明るさも増し、今迄は何方かというと苦手だった夜間走行がとても楽しくなります。

 

 

またヘッドライト系に付随するパーツの一つである「ライティングスイッチASSY」。最近は上目下目の切り替えが出来なくなったり、特にパッシングが出来ない車両も多く見掛けるようになりました。

 

 

当店では「LED化」を施工の際にセット交換をお勧めしております。(イソマサ対策部品)※単品部品の販売はご容赦頂いております。

 

 

また同じく電装系で今後を鑑みて是非交換して置きたいのが「パワーリレーASSY」や「カンケツワイパーリレーASSY」、「ターン&ハザードリレー」等となります。

 

 

既存装着の「パワーリレーASSY」となりますが新車時から30年のを経過した感を醸し出していますね! 出来ればカプラーの付いた配線側も交換したいのですが現況対応は叶いません。( 一一)

 

 

上記と違い新品の「パワーリレーASSY」となりますが、取付場所が比較的狭いところなので手も入りずらく・・・。

 

 

上記は新品交換しましたが、見た目だけだと余り見栄えは変わらないと言った感じです。(;^ω^) 矢張り!刺さる側の配線劣化が気になってしまいますね!! こちらの対応も徐々に検討したいところです。

 

今回交換した各リレーは比較的安価なパーツですが色々な部位と関わっていおり、この様なタイミングで是非交換したいパーツとなります。

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE