close >>

スズキキャラの一生一回メンテ開始!

2016年09月25日

新車登録台数534台と超稀少スズキキャラを原点回帰の為にお預かりしました。

 

この個体、特に何が駄目で動かないとかでは無いのですが、純正部品の供給があるうちに各部をリフレッシュをとの事です。

 


dsc00028


エンジンはオイル消費が増えてきたので、既存エンジンを使ってリビルド化を図ります。


dsc00057


エンジン・ミッションを取り外した状態です。

キャラもビートと同様に下側からエンジンを脱着します。


dsc00036


更に水まわり一式・各ハブベアリング・ロアアームASSY・エキマニ・タービン・ACコンプレッサー
・オルタネーター・プーリー・エアーホース等etc・・・。


考えられる部位について予防の為に総交換の予定です。


dsc00040


先ずは補記類の取り外しと共に各部の点検を実施。

赤い部分。エキゾーストマニホールドについても交換対象です。

ジムニー等も定番で此処に亀裂ヒビが入る事が結構多いのです。

 


dsc00053


それと、アクセルワイヤーも結構切れます。

※当店のメカニックはキャラを新車から乗っている為、ビート同様AZ-1&キャラのメンテはお手の物です。(^_^)v

 


dsc00043


ウオーターパイプも当然交換対象です。


dsc00050

 

 

dsc00059

 

鉄ブロックの為、年1回のタイミングにてロングライフクーラントを交換していましたので、
ウオータージャケット内は比較的綺麗な状態です。

 

dsc00058

 

画像のように補記類を全て取り外した状態にて、先ずはエンジン本体をE/Gメンテ専門コラボ先へ送ります。

 

dsc00061

 

約2~3週間後にリフレッシュされたエンジンが戻ってきましたら、エンジン本体搭載とともに各部のリフレッシュも行って行きます。

 

詳細画像は作業開始次第アップいたします。

 

K/K様、完成まで今暫くお待ち願います。<(_ _)>

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2023 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE