close >>

リヤ側ハブベアリングを交換しました。

2015年07月07日

皆様のビートの中にも結構な走行距離に達している個体も多かと思いますが。走行15万キロ~20万キロを超えた辺りで「ハブベアリング」が、そろそろ怪しくなってきている個体も最近チラホラと出て来ました。

※上記走行距離は飽くまで目安としてお考え下さい。

症状としては朝一で走行し始めた際、しばらくの間ゴーゴ~音が聞こえその後は音が消えてしまう。

また、走行中ステアリングを左・右どちらかに切り込むとゴーゴ~と音が出るが、ステアリングを中立に戻すと音が消えてしまう。上記の様な症状が感じられた場合。前・後どちらかのハブベアリングの劣化を疑ってみて下さい。

どちらかと言うとリヤ側からの場合が多い感じがします。

CIMG6793

画像はリヤ側のナックルというパーツです。

ここにロアアーム/コントローアーム/ラジアスアームが装着されます。

CIMG6772

新品のハブベアリングです。BEATの場合フロント/リヤ共に同じパーツを使います。

CIMG6781

ハブベアリングが装着された状態のナックルASSY。

CIMG6778

画像はリヤ側のハブベアリングをナックルASSYに圧入している様子です。

CIMG6773

※リヤ側ナックルASSYは現在ご相談パーツとなっておりメーカー在庫無しです。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE