close >>

ご成約車ビートの納期と、「レストア」をご要望頂いているビートの入庫案内の大幅遅延へ対しましての、お詫びと現況。

2022年06月09日

「レストア」にてご納車させて頂くご成約車ビートの、納期大幅遅延と、「レストア」をご要望頂いているビートの入庫案内の大幅遅延へ対しまして、お詫び申し上げます。m(__)m

 

 

その理由として

 

①今年は車検の多い年回り

今年は2年に一度訪れる車検の多い年回りとなり、旧車ビートの場合。作業に費やす時間が必然的に長めとなることが通常です。それは通常修理に於いても同様となります。

 

➁作業要員の問題

時折作業のお手伝いを頂いていたお仲間も、ご多忙に漏れず昨年の後半辺りより多忙となり手が足りない状況です。

 

③部品の入荷の大幅な遅延

新車の納期の遅延に伴い「旧車の部品は製造、供給の優先順位が下がる」という事情がビートの部品にも影響をしているようです。(-_-;)

 

ブログでもご紹介しております通り、ビートを残して末永く乗り続けられるように、関連する部位は純正部品で交換する「先回り対策整備」を実施しております。
(これには、ビートの一部が失われないように、部品のオーダーをし続けることで生産し続けてもらえるようにするという意味や効果もあります)

 

そうなれば必然的に関連する部品点数が増えるため、部品の価格に関わらず、とにかく部品が1つでも欠品すると整備が滞ってしまいます。

 

ビートを乗り続ける覚悟をされて整備をご依頼くださいました皆様は、ご自身のビートのみならず、乗り続けたいと願う皆様の思いを支えているのです。

 

その部品が注文から長期間入荷しないことはイレギュラーなことですが、部品が生産されなくなってしまう状況の中、私どもとしてもビートを乗り続けるために、様々な問題に立ち向かっております。

 

簡単に得られるものは簡単に失ってしまい、やはりいいものを作るのには時間と手間がかかります。

 

当店としても皆様の覚悟に応え、よりよいビートを後世に残すべく、的確な整備を確実に行うためにお時間をいただいております。

 

長期間に渡りお待たせして大変申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。m(__)m

 

よりよいビートライフの為に、手元に無い時間は思いをはせて、その思いは手元に来たら大切にできるように、お待ちいただく時間もビートの楽しみとしてお過し頂ければ幸いです。

 

長文になってしまい申し訳ありません。

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE