close >>

非常に危険な状態になっている場合も多いのでスペアータイヤの点検と交換をお薦めしております。

2017年07月07日

 

時折、ボンネットを開けるとアッ!そうだ!スペアータイヤの表面のヒビ割れが凄い。

そろそろ交換しないと「超ヤバソ~ゥ・・」(^_^;) と感じていませんか?

 

 

装着されていたテンポラリータイヤは製造年数表示からして恐らく新車時からの物。

 

 

新車からの装着状態でれば軽く20数年間は年数が経過している訳で・・・。

 

 

ホイール&タイヤ共に単品にて数年前に「復活を遂げた数少ないパーツの一つ」。

この先もビートにお世話になるのであれば、ここいら辺で思い切って

新品タイヤといれ替えては如何でしょうか。

 

各ディーラーさんにお願いすれば入手可能です。

※多分入荷には数日かかりますが。

 

廃盤にならないうちに交換をお薦め致します。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE