close >>

最近のコメント

K/M様自身3台目のビートとなります。納車整備開始!エンジンに付随する電装系パーツを交換しました。VOL 3

2017年09月17日

 

 

ピストン他、当店が交換必須と定めたパーツを交換にてリビルド化を済ませて、

コラボ先から戻ってきたNEWエンジンです。

 

 

 

 

電装品についても劣化の著し部品については、勿論、当店の判断にて新しい物と交換しますが、

この度は、お客様と相談にて現在は問題なく通常使用可能であっても、

今後不具合が予想されそうな電装部品はパーツ代金のみご負担頂き、

できる限り交換する事となりました。

 

 

 

 

アイドリング不調等のトラブルにて、

本体を分解にてパッキン類を交換し急場を凌いでいたEACVも、

20数年の歳月の流れには勝てず・・・新品交換と相成りました。(-_-)

 

 

 

 

 

本年2月に上位機統合となった

インジェクター(燃料霧化装置)も新品パーツに交換しました。

 

 

 

 

 

 

電装パーツ系というと真っ先に頭に浮かぶ部位ですが、プラグ同様、

意外に気を配らないで交換を怠ってしまう部分でもあります。

※取り替えてか10数年経過している個体が意外と多いのです。

 

 

 

 

 

 

以前にオーバーホール済みのECU本体を、

運転席裏側へ延長ハーネス及び付属KITを使って移設しました。

 

メンテの目的としては、

突然エンジンストール等のトラブルに見舞われる前に対策を講じるです。

 

 

 

 

※20TH記念オーディオに専用のAUXコードを追加装着しました。

 

 

今年発売されたばかりのナビ連動無しパナソニック製ETC2.0独自音声タイプを装着。

圏央道の料金20%引きは利用の多い方には朗報(^o^)ですね!

 

 

次回のメンテのご案内内容は、

ミッションオイル漏れ対策の為のオーバーホールの実施。

其の後、エンジン本体と組み合わせていよいよ車体へ搭載となります。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE