close >>

千葉県在住のS/S様にご成約頂いた黄ビートの納車整備の様子 。その1重要保安部品ブレーキ系

2019年02月22日

S/S氏は以前にも黄色いビートにお乗りだったそうですが、ご縁が御座いまして、この度、氏にとって2台目のビートを当店にてご成約頂きました。 誠に有難うございます。m(__)m

 

これから納車に向けての納車整備の様子を数回に分けてお伝えして参ります。

 

 

先ずは重要保安部分であるブレーキ系統のメンテナンスを実施します。
この個体は当店の管理ユーザー様が通勤でお乗りでした。しかし、終末のみ利用等セカンドカー的利用が多めのビートの場合、定期的に特にブレーキ系統は点検及び整備を怠ってはならない重要保安部分です。

 

 

ブレーキペダルを踏んだ際の踏力を前・後のブレーキキャリパーへ区分けして伝える役目をしているブレーキマスターASSY。本体を取り外しオーバーホール作業を施行し、ピストン、オイルシール等を交換しました。

 

 

※ブレーキホースは前回のメンテナンス時に当店オリジナルステンレスメッシュ製に既に交換済。

 

 

ブレーキキャリパーの肝であるスライドピンも前回交換済みですが良く点検清掃します。※錆・傷等が目視で見受けられる場合は迷わずに新品に交換しましょう。(キャリパー固着の原因になる事が多いので)

 

 

ご覧の様にブレーキマスターを含む各4か所のブレーキを総てオーバーホールし、またその際にはピストン類の再使用を避け、総て新品パーツにて対応しております。

 

 

当然、ブレーキパッドも再使用可能な残り溝であっても、経年劣化を考慮にて新品に交換しております。

 

 

整備後はブレーキ系統オーバーホール施工完了の証として、WAKOS”製耐熱塗料を各パーツにペイントしてブレーキ系メンテナンスは終了となります。

 

メンテナンスは更に続きます。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE