close >>

チョットだけ慌てました。でもチョット嬉しいかも?

2013年06月15日

昨日の夕方の事です。
あらら~チョットだけ慌てました。

本日15日(土)午前中納車予定の販売車銀びーの最終チェック及び納車の準備中の出来事。
納車整備にて交換した各部を再度点検中(オイル・水漏れ等)

 

数日前に行った納車整備後の試運転の状況を思い出しておりました。
試運転の際、この個体はスイスイと小気味よく走るな~と感じていました。
助手席に同上の女将さん話すとやはり同じ答えが。
実に良い感じの仕上がりですとお客様へ電話でご連絡しました。
何時でも納車OKです。
で、本日の納車予定になったのです。

話を戻します。
で、リフトアップしてある個体のリヤ側のタイヤを何気なく手で廻してみました。
オエ~ェ!タイヤが2本とも同時の廻ります 。
これって・・・そうです!LSD (リミテッド・スリップデフ)が装着されておりました。
残念ながら幻のではなく後付(クスコ)ですが。
と言う事は、LSD用のミッションオイルと交換しなければ・・・。


そうなのです。

社外のLSD装着の場合はオイルが違うのです。

実は今回の納車整備時に純正MTF-3を給油、そして試運転した訳で・・・ (^_^;)で、慌ててクスコ/LSD用のオイルと交換しました。
*純正デフとLSDの場合では入れるオイルの固さが大きく違うだけでなく、オイルに含まれる内容物も異なります。
最悪の場合デファレンシャルの焼き付き破損にもなりかねない状況もあります。

 

 

これが純正ミッションオイルMTF-3です。
*因みに他店購入ビートのユーザー様からギアの入りが悪いとか、引っかかるとかの問い合わせが時々あります。
通常音の原因はパーツ不具合(シフトフォークの曲がりやシンクロの痛みによる不具合が多いです)が、ダメ元で一度純正と交換するのもお勧めです。
たとえばホンダ系ディラー以外にて整備歴がある個体の場合、純正より遙かに堅めの一般的なFF用ギヤオイルを入れられたりしている事も考えられます。
そのような訳で、純正オイル交換後、以前より状態の改善がはかられた場合も多く御座います。

◎因みに、幻ビートABS/LSD付きの場合もノーマル同様に純正MTF-3を使用します。
サーキット走行等を含めスポーツ走行色の強い走り屋様用はこちら

WAKOS” 75/90 LSD 対応
最終モデル110型 走行4,8万キロです。納車前点検の様子です。

 


ラジエーター本体及びサーモSWの交換
画像の確認
各ホース類・ウオーターパイプ・リヤサブタンク等の交換。


年式からみて走行距離に関係なくラジエーターを含む水回りの交換は必修になりつつありますね。

ついでにブレーキホースの交換

クラッチホースの交換等も実施。
納車の際、お客様に上記LSDの件をお話ししましたらニンマリ(*^_^*)でした。

埼玉県のS/A様では楽しいBEATライフをお送り下さい!

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE