close >>

こだわりの旧車を扱う専門店の最低条件とは? ズバリ!!小生はこう考えます。”(-“”-)”

2020年12月01日

こだわりの旧車を専門とうたって商売をするのならば、スタッフ全員が常日頃からその扱い車種を所有し、乗ってる事ぐらいは当たり前と小生は思っております。

 

 

ビートに於いても最近は特に整備書(トラブルシューティング)には直し方が載っていない配線等を含め、実践にて直面するトラブルが多々発生するからです。

 

また、その際の対処法としても一寸器用な俳に簡単に考えつく程度の対処法では、今後更に10年先迄乗り続けるのは難しいと当店は考えます。m(__)m

 

 

例えばアクセルペダルのガタは経年や走行距離によっては多少大きくなります。しかし、新車当時から「わざと」多少の遊びをつけています。

 

その理由はスロットルワイヤーの「多少の自由度の確保」的要素を込めての事。従って無下に極端なガタ止めを行い乗り続けると、最悪はアクセルを踏み込んだ際に「スロットルワイヤーが引っかかってしまう」現象を発症するのは必至。(>_<)

 

 

先ずは再販が叶った「スロットルワイヤー」を新品に交換し、「ガンガン」アクセルを踏み込みながら今後もおおいに楽しんで行けば良いのではないかと思っています。(^^)/

 

また、専門店として使命としては、ホンダビート誕生から30年という歳月の中で築かれた「都市伝説的間違い」を正して行く事も大事な事だと思っております。

 

最後に一言。

 

当店のスタッフは全員がビート乗りで、毎日必ずビートに触れているからこそ判り得る事をブログに書かせて頂いております。

 

従ってトラブルが有れば、決して他人事ではなく自分事と思っております。(@_@;)

 

強いては皆さんのビートの困り事は小生の悩みとなっており、既に無くなってしまった部品の再生についても当然!自分達の為に作ります。

 

※自分達の意味はビートを愛する総ての仲間達の意味でもあります。

 

追伸

 

 

既に製廃となってしまった2本の燃料ホースの再生が近じか叶う予定です。(*^_^*)

 

唯、エアコン系ホースなどとは違い、漏れれば即火災発生等の要素も含まれており、PL法等の法律にも照らし合わせての作業と考え。製作あたっては慎重を期しての対応となりました。

 

当店としては今後も自分の為、ビート界の為に頑張ってゆく所存です。<(_ _)>

 

なんか?一足早めの年末のご挨拶の様になってしまいましたね。(;^ω^)

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE