close >>

ラジエーター本体の水漏れの画像です。

2014年01月23日

ラジエーター本体を含む水回りのメンテは常時ご案内しておりますが。
この度、買取りした車両で決定的な水漏れの画像を撮る事が出来ました。
DSC00829.JPG
DSC00828.JPG
危険信号のラジエーターは数々見てきましたが、今回はズバリ!水漏れ進行中の画像です。
DSC00836.JPG
当然、ウオーターパイプ辺りもこの様に錆が出ています。
毎度、ご案内しますが、このパイプ水圧テストしていない只の鉄パイプです。
此方も錆び、腐食によって当然!水漏れします。
BEATの場合ヘッド側もブロック側も総アルミですので、オーバーヒート等において最悪の場合は
エンジンヘッド・ブロック共に面研仕上げしても歪みが出て
再使用不可もあり得ますゆえ・・・。
部分だけメンテ等ケチらずラジエーター本体からホース・クリップ・パイプ・リザーバタンク等
総て交換がお勧めですね。  もはや今となっては・・・。
*因みにウーターパイプは今月1月29日までメーカー欠品中ですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE