close >>

クラッチ制御系のメンテ。走行距離ではないのです・・・。

2014年02月23日

クラッチマスターのオイル漏れです。
車検整備他のメンテナンスで入庫した走行距離29,800キロの黄びーです。
当店の管理車両の場合は、ミッション側のスレーブシリンダーASSYと共に殆ど交換済みですが。
最近、メンテナンスをご依頼にての入庫車両でまた多く見かけるようになってきました。
履歴等を確認するとディーラー等で一度インナーキットOH交換を施されている物もあります。
DSC01036.JPG
上側の黒っぽいのがスレーブシリンダーです。
DSC01037.JPG
しかし、ご覧のような状況・・・。
この状態ですとクラッチペダルの足下にクラッチ液がタラ~リと・・・。
DSC01100.JPG
見づらいですが、エンジンルーム内ディスビの横に付いている黒っぽいのがミッション側スレーブシリンダーASSYです。
DSC01113.JPG
クラッチの油圧制御はこの2点の部品を使って制御しています。
DSC01086.JPG
数年前のことですが、クラッチマスターをOHをしたBEATが続けて1週間に2台クラッチが切れない症状が発生。勿論!それまで何台かOHしましたが問題はありませんでした。
で、それ以降は新品パーツASSY交換をお勧めするようになりました。
*未だクラッチメンテを実施しておらず?又はしてあるか心配な方への対処法。
ブレーキ液(クラッチ液)1リッターーボトルを常時車載し、クラッチが切れなくなったら、マスターの中にブレーキ液を注ぎ込みます。その後、手動でクラッチペダルを何度か強制的に動かしてあげます。
その際、踏み代が出れば応急的にクラッチは切れ走行は可能になります。
但し、洩れが酷い場合はこの限りでは御座いません.
◎経年劣化等も御座いますので、どちらも部品の出るうちに新品ASSY交換をお勧め致します。

同様にブレーキキャリパー(特にリヤ側が焼き付き多し)も新品交換をお勧めしております。
しかし、先日ついにリヤ側キャリパーASSYがゴソウダンパーツになり、現在は在庫無しの状態。
当店としては、当店のメンバー様が予防の為に早期交換されて残った優良中古キャリパーを使いインナーキットにてOHをさせて頂く方法と、自主製作依頼にてリビルト製品化を検討中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE