close >>

トランスミッションのガラガラ音修理

2014年02月28日

引き続き埼玉県和光市のT/K様の黄びーの画像です。
今回のお預かりでは先のキーシリンダー・コンビネーションスイッチASSY等交換以外に、水周り・足まわり(前後ハブベアリング交換)。
そして最大のテーマはトランスミッション OH。
現象は走行時、加速に併せてガアガアとうなり音?後ろからパトカーに追われている様な。(苦笑)

DSC01170.JPG
DSC01168.JPG
DSC01171.JPG
レリーズベアリングも新品に交換します。
DSC01172.JPG
クラッチのディスクも新品に交換。
で、クラッチカバーは再使用します。???
実はこの車両は約2万キロ程前にに某ショップにてクラッチOHをしたそうで・・・。
しかし、数万キロ走行後にはお決まりのジャラジャラ音(クラッチディスクのダンパースプリング共鳴音)が出るのを見越してベアリング共々再度交換をとのご依頼です。
DSC01177.JPG
さあ、これは何をしているのでしょうか?
DSC01180.JPG
デファレンシャルの横、両サイドのベアリングを交換している様子。
T/MをOHする場合。やるならこの通称サイドベアリングも必須。
*ジムカーナーの競技者の方のお話しではここのベアリングがたまに割れるとの情報も頂いた事があります。
ここをケチると再度ベアリングの交換が必要に・・・。(駄洒落のつもり・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE