close >>

ドライブシャフトブーツ経年劣化による破れ

2014年04月12日

運転席側のリヤドライブシャフトです。

DSC01633.JPG

助手席側のリヤドライブシャフトです。

DSC01632.JPG

因みにBEATの場合は駆動がリヤ側ですのでドライブシャフトはリヤ側のみ装着されております。

DSC01634.JPG

DSC01639.JPG

年劣化と言う事を見越して当店ではリビルトASSYにて交換を推奨しております。
ジョイント部分等も新しくすると抵抗も少なくなり固体によっては燃費も向上もありえます。

 

DSC01631.JPG

DSC01637.JPG

今では各社対応しているでしょうが

DSC01640.JPG

DSC01636.JPG

BEATのドライブシャフトのリビルト化についても実は元祖かも??
実は10年ほど前に当時はリビルト品がなく各ブーツの交換を行っておりました。
当店から中古現品を3台分送ってリビルト屋さんに作って頂きました経緯があります。

それと、ほとんど運転席側のブーツ切れが目立ちますが、経年劣化ゆえ左・右両方同時交換をお勧め
しております。それと同時に必ずミッション側左・右のオイルシールの交換も必須です。
ケチると後ほどT/Mのオイル漏れの可能性大です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE