close >>

ミッションのメンテナンス

2015年12月06日

ミッションをオーバーホールする理由
①メインシャフトを受け止めているケース側のベアリングからの異音。※アイドリング時にシャ~音、クラッチを切っても音は消えません。
酷いのになると加速時にうう~んとうなり音が・・・。

②シフトチェンジ時のギア鳴りで、特に2,3,4速シフトアップ時又はシフトダウン時に発生。●1速に入りずらい場合もあります。

③2300回転~4000回転付近4速~5速走行時でのジャラジャラ音。※クラッチディスクのダンパースプリングの音ではありません。
上記がビートのT/MをO/Hする殆どの理由です。

DSC08500
J/K様の赤びーのミッションのメンテナンス画像です。このようにエンジンメンテナンス中に他の部分のメンテを進めておきます。

DSC08561
走行18,7万キロのミッションです。この度、エンジンメンテと共にお預かりしています。
DSC08576

DSC08585

DSC08578
シフトフォークシャフトとフォークです。基本的には総て新品に交換します。
DSC08581
上側がメインシャフトで下側がカウンターシャフトです。前出のミッションケース内のベアリングのの不具合はメインシャフト側で発生します。
DSC08593
ギヤとギヤを接続する大切な役割のシンクロナイザースリーブSETのキズ・破損等を念入りにチェックします。勿論!新品に交換しますがこちらの方がギヤの歯面より柔らかいので何か損傷があったどうかを調べます。
DSC08594

DSC08592
現在廃盤になってしまった5速のシンクロSETです。
DSC08583
ベアリング関係も総て新品に交換。
DSC08580
何度もご紹介しておりますが・・・。「25年前は高速道路上においての軽自動車の最高時速は80キロ制限」それを基準に設計されていると思われますので?少しだけ現代風にアレンジします。
いわゆる5速ハイギヤード化と言うやつです。飽くまで個体差がありますが、5速、5千回転メーター読み約100キロで2~300回転程下がります。※他車種5速ギヤ流用。(注”)ガクンと500回転くらい下がるギアは廃盤のため現在新品では手に入りません。
今回同様ミッションメンテナンスはエンジンメンテナンスと共に行うのがタイミング的にベストだと小生は思います。エンジンメンテの際、ミッション本体も一緒に降ろす関係で工賃が大幅に圧縮されます。因みにT/M OHの工賃は27,900円(税別)他に部品代が約60,000円(税別)程度で施工可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE