close >>

ACG(エイシージェネレーター)の寿命?交換時期は・・??

2014年10月03日

ACG(エイシージェネレーター)クルマ等に使用している直流電源を発生させる装置、充電器の事です。で、発生した電源を蓄えるところがバッテリーです。

昔の修理屋さんはこの直流充電器のことをダイナモと言いました。

 

DSC03343.JPG

で、本題です。BEATの場合のACG(エイシージェネレーター)のメンテ時期はいつ頃なのか?小生の37万キロ走行黄びーの場合。
26万キロ台にて作動不良(充電できなくなってしまい)リビルトASSY交換。

その他数台のユーザー様のデーターにおいてもやはり25万キロを過ぎた辺りで作動不良発生にてOH又はASSY交換をされている車両が多いようです。

 

*ご注意
これ以外に水害等が原因にてオルタ内パーツでダイオード等不良発生した場合はこの限りでは御座いませんのであくまでご参考と言う事でご理解下さいませ。

*因みにS車のカプ○ーノなどは10万キロ走行~からトラブルが多くなるようです。

DSC03336.JPG

画像の赤びーは現走行224000キロ。
エアコン修理・水周り修理でお預かりしています。

DSC03329.JPG

DSC03333.JPG

DSC03332.JPG

この先も長く乗りたいとのご要望につき、この度、エアコンコンプレッサー共々ACG(エイシージェネレーター)もリビルトASSY(OH済)と交換とあいなりました。

DSC03341.JPG

後ろ側から診ています手前に見えるのがエアコンコンプレッサー。
奥側がACG(エイシージェネレーター)

DSC03344.JPG

EACVバルブ・ACG(エイシージェネレーター)・エアコンコンプレッサーと新しいパーツが並んでいます。
この画像。BEATメンテナンスの行く末を象徴してますな~?

 

 

 

読んんでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE