close >>

貯まりました約1年分です。

2015年03月09日

いや~結構貯まりました~(苦笑)
水周りの交換したパーツ約1年分です。
DSC04956.JPG
DSC04959.JPG
DSC04962.JPG
このパイプの錆びが特にヤバヤバです。
DSC04947.JPG
DSC04955.JPG
DSC04964.JPG
当店では、上記同様、ブレーキホース・クラッチホース類交換をお奨めしております。
※ゴム類も経年劣化が懸念されますので・・・。
DSC04963.JPG
最近結構エキスパンションタンクの割れも多くなってきました。
※BEATを手に入れたら真っ先にお奨めしているメンテナンス。
また、これからも乗り続けて行く為には必修のメンテナンスだと思っています。
ラジエーター本体・S/W・クリップ・ホース(ヒーターホースも含)ウオーターパイプ・エキスパンションタンク等総て新品交換をお奨めします。ケチるとそこから・・・。
※当店の販売車両は総て水周りパーツを交換して納車しております。
エンジン関係にも保証を付けております。
水周りがパンクしたら即アウト!ですので・・・。
因みに当店の販売車両は、車両代/登録費用以外に上記メンテナンス含め納車整備費用は一切頂いておりません。整備代金は車両代金に含まれています。
ですから、良質車両をチョイスして仕上げている訳です。

皆さん、余りご存じないと思うのでアドバイスを一つ。
普通のクルマ※ラジエーターとエンジンが同じ場所に位置する車両の場合は、
水漏れ等でオーバーヒートした場合は即水温計に反映しますが。
BEATの場合は冬場などは、水漏れしていても普通に流して走っていると水温計は上がらない状態もあります。水周りの取り回しの関係だと思います。
小生の黄びー37万キロ走行も35万キロ時にオーバーヒートが原因でエンジンを壊しました。
総アルミエンジン故、ヘッドもブロックもアウト!でした。
走行距離には関係無いと思います。あくまで経年劣化が原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE