close >>

触媒コンバーターのメンテナンス

2016年02月14日

DSC09779
触媒コンバーターという部品の画像です。通常の場合皆様はお目に掛らないと思いますが、タイミングベルト関係のメンテの際に必ず外す場所です。
DSC09775
DE,その際に問題が発生する事が多い部分です。
DSC09778
ボルトが痩せているのが判るでしょうか?、BEATの場合走行距離によっては何度か此処を外しています。
此処で出番はMAC TOOLSとかSnap-OnとかKTCネグロス辺りじゃないと旧車は太刀打ちできないのが現状!
車載工具に毛が生えたような工具でのBEATの簡易メンテナンスは、かえって出費がかさむ事になるかも知れません。
DSC09704
ご覧の様にセルフロックナットが焼き付いて外れないのと走行距離によっては数回取り外しているのでナットが舐めてしまったりボルトが折損してしまったりします。これは現在整備中の白びーの画像です。
DSC09777
折れた物を取り外すためには外側のカバーを取り外してこの様な状態にしないと作業が出来ないため結構面倒な作業です。
DSC09776
DSC09780
と言う訳で当店ではこの様に施工前に先に作り置きをしておいて作業時間の短縮を図っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE