close >>

CARAのメンテを再開!しました。

2016年11月13日

dsc00608

 

前回ご案内した「原点回帰」のため本年8月末からお預かりしているスズキ キャラ。

 

エンジン本体及び各部パーツを現物修理等(リビルド)が完了しました。

 

更にBEATの車検整備関係も一段落というタイミングにて、

スズキ キャラのメンテナンスを再開しました。

 

 

dsc00616

 

エンジンの廻りに置かれているのは交換予定パーツと補器類。

 

dsc00621

 

タービン・オルタネーター・エアコンコンプレッサー・クランクプーリー等も新品に交換します。

スズキ系のこの手は各プーリーの溝部分が経年劣化にて錆びてしまい、ベルト鳴きを発します。

 

単なるベルトを新品に交換しても、プーリー本体を交換しないと付け焼き刃的感じで直ぐにベルト鳴きが発生します。

ケチらずにプーリーもベルトと同時交換しましょう。

 

dsc00626

 

勿論!水まわりのパーツも部品供給が可能な限り今回交換予定です。

 

dsc00628

 

ターボ車はエアホースの経年劣化が原因にて、ホースに亀裂が生じ「エア吸い」が原因にてエンジン不調、特に息つきやアイドル不安定等を引き起こします。

交換出来る部分はこの際、一斉に新品に交換します。

 

更にメンテは続きます。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE