close >>

CARAのメンテを再開!その5エンジン搭載前編

2016年11月19日

各部のメンテナンスを終え、いよいよエンジン本体を車体に搭載する作業に入ってきました。

 

dsc09967

dsc00056

水まわり/エアーホース関係を一新し、補機類を装着された状態のエンジンです。

dsc00057

室内の運転席後ろ側にエンジンリッドがあり其処を取り外して上がまわりの作業をします。

dsc00065

右側の四角い部分が室内と通じているエンジンリッドです。

dsc00067

ビート同様エンジン本体は下側から搭載します。
CARAはご覧の様に御輿の台座のようなエンジンフレームがあるので、ビートよりは搭載しやすいです。
フレームに乗っかっているのはミッション本体。

エンジン搭載は記事は更に続く

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE