close >>

新車からお乗りの黄ビート!!総合リフレッシュ施工を終え未来に向けて再スタートします。(外装編)

2021年02月03日

千葉県在住のT/O様が新車からご所有の黄ビートとなりますが、この度は外装同色全塗装も含ての総合メンテナンスのご依頼を賜り車両をお預りしました。

 

 

また、総合リフレッシュメンテナンスを決断されるにあたり下記の様なやり取りが御座いました。

 

T/O様が、昨年夏、ご来店になりビートの買取はしてくれるのか?との問いに対し、当店のスタッフが対応にて買取は可能とお答えしました。

 

当店スタッフが、ところでビートは何時頃からご所有かと尋ねると

 

T/O様、新車からだよ!!とのお答え・・・。(*_*)

 

当店スタッフが余計なことかも知れませんが、お子さんとかご家族との思い出が沢山詰まっていると思うのですがその辺は大丈夫ですか?とお尋ねしたそうです。

 

T/O様そうだよな~と、一瞬!過去に思いを馳せたご様子にてお帰りになりました。

 

そして一週間程過ぎたある日。突然!ビートを含めた2台のお車がご来店され、ビートからお姿を現したのは何とT/O様でした。

 

で、第一声が「リフレッシュ」することにしたから見積出して!!

 

という訳で、外装リフレッシュも含めた総合メンテナンスの目的にて暫くの車両をお預りすことになりました。<(_ _)>

 

 

丁度お預りした時期は総合メンテナンスのご依頼も多く、また純正パーツの入荷が極端に滞っていた時期でした。従って仕事の段取りを組み換え、先ずはエンジン&ミッション本体を取り外して外装仕上から施工開始となりました。

 

 

この後お化粧直し(外装同色全塗装施工)の為、外装メンテナンスコラボ先と向かいました。

 

 

そして暫しの時を経て外装同色全塗装が仕上がって参りました。

 

 

ひび割れていたピラーフィルムも総て剥がし、ペイント処理を施工。また同時作業にて飛石キズが目立っていたフロントガラスに於いても「UVカットガラス」と入れ替えました。

 

 

ボンネットの裏側もペイントします。

 

 

ボルト・ナット類の塗装仕上げにも配慮しています。

 

 

フェンダーのインナー部分も確りとペイント処理を行います。

 

 

ドアーについてはヒンジ部分から取り外して単体で塗装処理を施工し、更に内張を外してドアー裏側の外周の一部も塗装処理。

 

 

全バラにての施工の為、ボンネットやドアー、トランク等の隙間調整(ちり合わせ)は特に念入りに行っています。

 

 

また最近の外装全塗装の際に追加施工が定番となって来たのが「アンダーコート処理」作業となります。

 

 

既に錆・腐食が発生の改善。

 

 

またはその予防としてお勧めしております。<(_ _)>

 

この後NEWペイントの安静期間を経た後、当店推奨の「NANOバリヤX ガラスコーティング」の施工を行い外装メンテナンスは完了となります。

 

 

塗装施工前に取り外したエンジンは未だ乗っていません。この後外装メンテナンス中に施工を進めていたエンジン&ミッション他の搭載と併せたメンテナンスがスタートします。

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2021 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE