close >>

車検整備の様子です。日頃から仕事で活躍してくれているビート君へのお礼を兼ねたご褒美だそうです。

2020年01月08日

栃木県在住のK/O様ご所有のVER-Cです。この度は車検でご入庫頂きました。

 

K/O様は上記ビートを仕事中も含め、ほゞ毎日お乗りのヘビーユーザー様。

 

 

そんな「限定車VER-C」も車齢28年を迎え、流石にサスペンションも大夫お疲れのご様子。

 

そこでK/O様にサスペンションの状態を確認したところ、時折、リヤ側ダンパーからの底突を何度か経験とのこと。(;^ω^)

 

 

それでは、昨年5月に純正再販部品をと思いましたが・・・。

 

残念ながらダンパーASSY&スプリングは良しとしても、その他のパーツが総て揃う訳ではないので残念ながら断念!

※サスペンションキットASSYとして揃うのは、現在、左リヤ側のみです。

 

また、K/O様はノーマル維持派のユーザー様ですので、「サスペンションキット」として1台分揃い、尚且つ乗り味についても純正に酷似した「モデューロサスペンションキット」装着をお勧めしました。

 

 

更に永年お乗りだったノーマルシートですが、シートサイド部分の穴空きと型崩れも気になり・・・。

 

また、走行中に身体が滑り運転しずらい事を懸念され、当店オリジナルシート生地(通気性・純正生地を剥がして装着)に張替えとなりました。

 

 

更に、今回はクラッチ関係もオーバーホールを要す時期となっておりましたのでご提案したところ。

 

お客様曰く、実はここ最近シフトチェンジの際にシフトミスを何度か経験し、ちょっと不快感があるとのことでした。

 

 

それではとミッションオーバーホールを施工する事となりました。

 

 

またその際、シフトフィーリングの向上とパーツの耐久性向上を狙い、各パーツに「WPC処理」も併せて施工しました。

 

 

上記は組み上げた画像となりますが、ギヤ面に触れてみると「スルスルスベスベ感」が凄いです。(^O^)/

 

 

クラッチ系統に於いてはカバーやディスク等と共に、レリーズベアリング、シフトフォークと併せ再販部品が叶った「リリースフォークスプリング」も交換となりました。

 

 

オーバーホールが済んだミッションを装着にて作業は完了となりました。

 

その後、初期慣らしを兼ねたテスト走行を約80キロ程実施し、今回のメンテナンスに於いての各部の仕上がりを確認完了。(*^^)v

 

早々、首を長くして出来上がりをお待ちのK/O様へ至急ご連絡を差し上げました。<(_ _)>

 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE