close >>

ブログ検索キーワード上位が「カヤバNEWSRにノーマルバネの組み合わせは?」なので・・・。

2016年12月04日

このところの当店のブログ検索上位にくるのが「ビート7000付近で回転頭打ち」や、「3000回転付近でミッション音?」が多く見受けられるますが、下記も良く上位に顔を出してきますね~

 

「ニューSRダンパーにノーマルバネの組み合わせ」?の検索も非常に多く、経年劣化が要因での「サスペンションキット」の交換時期が来ているようです。

 

で、上記の検索に対し、実績に基いてのアドバイスとなります。

 

 

「ニューSRダンパーにノーマルバネの組み合わせ」だと「現状(標準車高)から約1センチほど車高が上がってしまいます」 (◎_◎;)

 

★またスプリングについても同様に交換必須となります。

その理由としては、目視点検では気が付か無いかも知れませんが、ステアリングを左右に転だした際に、フロント側スプリングがダンパーと共に横方向に絶えず捻られていることが確認出来、縦方向に摺動するダンパーと共に経年での劣化は否めません。

 

 

★RSR等の社外ダウンスプリングと一緒に組むと相性が良いようです。

約10mmアップー約30mmダウン=約20mmダウンで車高はノーマル(標準)より約20ミリ程下がります。

 

 

※ついでに無限のダンパーキットを装着された方から良く聴かれるので一言。

 

★「堅い」「跳ねる」のお答えは

「無限ダンパーキット+無限ハードトップ」又は「無限ダンパーキット+無限タイプ4点式ロールケージ」を装着した場合にボディー剛性とのバランスが取れ、サスペンションが良い感じに(しなやか)に動くように設定されているようです。

 

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2022 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE