close >>

最近のコメント

緑ビート原点回帰の為の準備が整いました。(^_^)v  その2 メンテナンス開始しました。 水まわり編

2018年04月06日

茨城県在住のT/S様のVER-Z総合メンテナンスの続きです。

 

交換予定パーツも総て揃い、作業開始となりましたが・・・。

 

実はこんな状態だったんです。(-_-)

 

 

 

 

上記はフロント側ウオーターパイプの画像です。

 

判りますか?細いパイプがヒーターホースに繋がるパイプです。

 

 

 

 

何と水まわりメンテ中に珍しい部位からの腐食を発見!

 

この部分は下側からカバーが取り付けてある部分の為、通常殆ど錆は見られない部位なのです。

 

通常水漏れが起こりやすい部位は同じヒーターパイプのエンジン側となりますが・・・。

 

更に結構錆が進行し、近じかパイプの内側から穴が空きそうな状況でした。(^_^;)

 

 

関連過去記事はこちら

 

 

 

 

 

正にT/S様のご入庫のタイミングがバッチリでしたね! (^_-)

 

そんな訳で新しく交換したウオーターパイプですが、ご覧の様に今回の錆の部位も含め、

錆びやすそうな処に塩害防止塗装を施して取り付けしました。

 

 

 

 

画像は既存装着されていたエンジン本体の画像です。

一声!「お疲れ様でした~」 <(_ _)>

 

 

 

 

NEWエンジン本体にリビルドオルタネーター、EACVバルブ他補器類の取り付け搭載の準備をします。

 

 

 

 

新品のインジェクターASSY、エアーテンプレッチャを初め、再販となったパーツ、プレッシャーレギュレーターほか

現在入手可能な電装品は総て新品交換となります。

 

更に上記と並行してトランスミッションのオーバーホールも実施。

 

いよいよエンジン搭載の作業へ移行して行きます。

 

本日、作業の最中に個体のオーナーT/S様が突然ご来店され、

作業の状況を目を細めながら満足げにご覧になってお出ででした。(^_^)v

 

 

メンテナンス作業は更に続きます。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE