close >>

最近のコメント

成約車両の納車整備の様子 N/Y様赤ビート その5  エンジン搭載準備から~搭載へ!

2018年04月21日

茨城県在住のN/Y様にご成約頂いた赤ビートの納車整備の様子その5、いよいよ車体へエンジン&ミッションの搭載となります。

 

 

◎販売車の納車整備について

 

 

リビルド化されたNEWエンジン本体に補記類を装着している画像です。

オルタネーターASSYやACGベルト/エアコンベルトも新品に交換。

 

 

折角エンジンをリフレッシュした訳ですから、燃料系の肝である燃料ポンプと併せて燃料フィルター、各ホース、パッキン等も新品に交換します。

EACVバルブやプレッシャーレギュレーター、ウオーター/サーモ系センサーも交換。

 

 

更に交換はお客様任意(有償)となるインジェークターASSY&マップセンサー等も新品交換としました。

NEWタイプのインジェクターASSYは旧タイプと比べトルク感も増したようです。

※昨年2月、ビート用と1500ccシビック&DOMANI用とパーツが統合されました。(^O^)/

 

 

※新品に交換されたディストリビューターASSY&ハイテンションコード(NGK製)が眩しいです。

旧車ゆえ、走行中に何が起きても不思議ではございません。

しかし、このようにキッチリとパーツ交換にてリフレッシュしておけば、実際にトラブルが発生した場合に於いても、過去メンテ履歴を参考により速やかな判断と対応が可能となると思われます。

 

 

折角ですのでこのタイミングにて、タイベルカバーやエキゾースト系をWAKOS”製耐熱塗料にてリフレッシュします。

併せて経年にて劣化したボルト類も新しく交換します。

そんなこんなで搭載の準備は完了!

 

 

エンジンマウント類4か所5点については既に交換歴がありますので今回は割愛しました。

 

 

画像を撮影し、ブログを書いているのと追いかけっこをしているが如く凄いスピードで作業は進んで参ります。

途中様子を見に工場へ出向くと、お~おっと既にエンジンとミッションが車体に乗っかっていました。(@_@;)

恐らくメカニックも小生同様いい感じのリズム感を持ちつつ作業スピーディーに進行している感じがします。

思うに暑い寒いがないこの時期の日中は特に効率よく作業もはかどる時期なのは間違いありませんが・・・。(*^^)v

 

 

配線及配管及びイグニッションコイル、コンデンサーの交換作業が済んだ後、いよいよエンジンに火が入り工場内にNEWエンジンの雄叫びをが轟く予定です。

 

N/Y様、御引き渡しの目処がたって来また。このまま順調に行けば試運転も終え来週中頃には納車の運びとなりそうです。

 

 

メンテは更に続きます。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE