close >>

朗報!純正サイドガラス復活しました。

2013年06月25日

数年前に廃盤だった純正サイドガラスが復活しました。

 

 

*以前からお客様よりお問い合わせが多かったサイドガラスのガタつき。例えば窓ガラスを少し開けて走行しているとカタカタと言う音が気になります。

 

 

主たる原因は、画像にある丸いローラー状の部品。此方が経年使用劣化にて動きも悪くなり、上記のような症状が発生する訳です。しかしこのパーツ単体は数年前に既に廃盤となっておりました。

 

 

*ですがなんと、今回復活した純正サイドガラスにそのローラーも装着されております。
そうです、これでガタガタともお別れ出来ます。

 

 

「起死回生」とはこの事を指すのでしょうか!!但し、時代の流れか?問題点も御座います。

 

 

ガラスの色が透明色でなくグリーン色なのです。
実は昨年辺りに、社外品にてグリーンガラスが出たのは知っておりました。
但し、現行車装着の透明色でなくグリーン色。

考えてみれば昨今のクルマで透明色何てありません。
昔のハコスカGT-R・・・おお、ビートより更に懐かしい昭和のクルマ。で、今回、双方統一にて純正採用されたみたいです。

 

 

当店では以前よりフロントガラス交換の際、クールベール(UV)グリーンガラスをお勧めしております。
フロント・サイド同時装着ですとベストフィットですね!

 

 

サイドガラスについてはUVとはうたっておりません。
ですが実際に装着試乗した感じでは、装着以前よりは紫外線のジリジリ感は少ないような感じがします。

 

交換後、ガラスのガタが無くなったせいかドアーの締り方もドン(音)と言う感じで
高級車に変身?(笑)したみたいです。

 

ガタが解消された事で、雨漏れ修理時の調整精度は上がると思います。
在庫は常時御座います。

 

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“朗報!純正サイドガラス復活しました。” への4件のフィードバック

  1. ひげおやじ より:

    いつもホームページを見させていただいてます。
    うちのビートもサイドガラスがガタガタ鳴っており、ガイドローラーの欠品は大きな悩みの種でした。
    今回のパーツ復活は本当に嬉しいニュースです。
    情報ありがとうございました。
    ただ、ASSYではなくパーツでローラーが出ればもっともっと良かったのですが・・・
    そこで・・・今回新品のローラーが手に入りますが、そこからサイズを計測し、ジュラコンやウレタン樹脂でコピーは造れないものでしょうか。
    その手法はマツダのNAロードスターのガラスガイドで広まっています。
    http://drophead.xb.shopserve.jp/SHOP/5230.html
    いつまでもパーツが有るとは限りませんので、ビートに関してもどこかショップが動いて製品化してくれたらなぁと思っております。

  2. 管理人イソマサ より:

    何時もご覧頂きましてありがとう御座います。
    残念ながらローラー単体での製作は考えておりません。
    サイドガラスASSYを推進して参ります。
    では

  3. 小田原 より:

    グリーンのサイドガラスはまだ在庫をお持ちでしょうか

    • 管理人イソマサ より:

      小田原様

      在庫は御座いません。m(_ _)m 

      製作用の型はまだ残っているようで、2019年ミート・ザ・BEATの際にホンダへ製作の要望はしておきましたが・・・。
      再々販があるかどうかは判りません。

管理人イソマサ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE