close >>

最近多いトラブル BEAT編 其の1

2008年07月17日

最近、多くなってきたトラブルを紹介します。
クラッチマスターの液漏れおよび詰まりのトラブルが最近多く発生しております。
室内足元クラッチペダル部分を点検してみてください。
湿ってきているようなら要注意。
液が無くなるとクラッチがいきなり切れなくなります。
普通の軽はワイヤー式ですがビートは油圧式(スポーツカーだから・・・)です。
で、以前はインナーのピストンキットのみ交換していたのですが。
最近は油圧系の詰まりの現象が多く出ています。
詰まると→*4~5キロ走行するとクラッチがパンパンに張ってしまい切れなくなります。
冷えると多少走れますが・・・(この場合クラッチ液は入っています。)
P1010075.JPG
で、最近はクラッチマスターASSY及びミッション側のスレーブも同時ASSY交換をお勧めしています。
ついでに、パイプラインも真空引きして掃除します。
パイプラインがヘドロみたいのでドロドロです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE