close >>

「ブッシュ入替済リヤ・ナックル」を製作しました。(^^)/

2020年05月04日

今から約8年程前にご相談パーツとなり、既に供給が断たれてしまったリヤ側ナックル。

 

この度、純正他車のブッシュを流用加工にて、ブッシュ入替済リヤ・ナックル」を製作しました。(*^^)v

 

 

ところでリヤ側ナックルって、そんなに重要部分なの?理由は一体何に?

 

 

その理由とは、ロアアームやラジアスアーム、コントロールアーム等のロッドやブッシュ類をボディー側で受け止める部分だからです。(‘_’)

 

 

ナックルを一部拡大してみると、各ロッドの接続部分は「硬質ゴムブッシュ」が圧入されています。(‘;’)

 

そのゴムブッシュが経年劣化や過走行が原因で劣化が進み、痩せて「ス、カ、ス、カ、ガ、タ、ガ、タ」となっています。(~_~;)

 

 

結果として折角リヤ側のラジアスアーム(ブッシュ)やロアアーム(左側再販)等を交換したとしても、受け側がス、カ、ス、カ、だと「ガタつき」を発生し、走行の際にロッド類の本来の役割や効果は半減されて仕舞うのは必定。

 

 

◎そんな訳でこの度当店でオリジナル製作した次第です。

 

また、製作にあたって特に拘った点は「純正オリジナルな乗り味の再現」です。”(-“”-)”

 

 

先ずは当店のデモカー黄ビート38万キロに装着しました。

 

リヤナックルブッシュの打ち替えにより、どの様な乗り味に車体が変化するかを、是非!ご体感ください。(*^-^*)

 

 

尚、当店のお客様に於いては実車の走行距離や使用状況を鑑みながら、車検等のタイミングと併せて順次ご案内をして参ります。<(_ _)>

 

左記記事の訂正補足となります。m(__)m「ブッシュ入替済リヤ・ナックル」の製作しました。 

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

“「ブッシュ入替済リヤ・ナックル」を製作しました。(^^)/” への1件のコメント

  1. 千葉の太田 より:

    お久しぶりです。千葉在住カーニバルイエロー2全塗装のオオタです。
    イソマサさま、自社で流用加工とは流石ですね。
    今年は車検なので考えたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE