close >>

★新型イソマサ車高調!が出来上がりました!!狙いは「純正に極々近い乗り心地+α」となります。(^_^)v

2020年07月12日

何と今度の狙いは、「純正に極々近い乗り心地+α」を目指しました。因みに+αとは、純正サスペンション等に於いて悪路走行の際に起こる「カパカパ」感を無くす事です。

 

その目標を達成する為には、ズバリ!「構成パーツの精度向上」と車体に合わせた「セッテイング」がとても重要なポイントとなります。

 

 

開発にあたって先ず行ったのが、テスト用デモカーの仕様変更です。そこで今回白羽の矢が立ったのは車両は、皆様に代車等でお乗り頂いていたお馴染みの黄ビートとなります。

 

 

今回はハードな乗り味を求めている訳ではないので、デモカーに既存装着されていたオリジナルの4点式ロールケージを取り外しました。

 

 

室内は標準仕様のビートに原状復帰を果たしました。

 

 

続いてホイールのインセット等の違いで乗り味が変化しますので、社外アルミ/タイヤを取り外しました。

 

 

新しく装着したのは純正オプションアルミホイールに、当店が推奨しているダンロップEC204の標準サイズの新品を装着。

 

 

経年で痛んでいたロアアーム、コントロールアームコントロールアーム等も交換し、車両側のリフレッシュは準備万端となりました。

 

更に今回の開発コンセプトとしてはピッチング等を抑えた「純正に極々近い乗り心地+α」を実現するにあたり、胆となり得るのが実は以外にもスプリングの性能の良し悪しも大きく影響します。

 

そこで、巷の低価格KITに装着されている「温間引抜加工処理」タイプでは無く、高価ではありますが「冷間引抜加工処理」タイプのスプリングを用いてセッティングを試みました。 ※上記スプリング加工処理方法については割愛しますが、その違いについては各自別途調べてみて下さい。

 

 

スプリングの色については検討の結果。ホンダ党が総じて好みそうな、やる気のオレンジ系アカを採用しました。(^^)v

 

 

装着後は足まわりの測定調整を済ませ、幾度となく試走、調整を重ねた結果。

 

車高調でありながら、「純正に極々近い乗り心地+α」の実現が叶いました。※むしろ悪路での路面からの突き上げは純正やカ〇バ、無限等より断然!少ないと思います。(^O^)/

 

 

本当のビート専門店が手掛ける「純正に極々近い乗り心地+α」を是非!!体感しにお出かけください。m(__)m

 

※尚、イソマサ車高調キットは単品での販売は行っておりません。あく迄ユーザー様のご要望も含めた、最良のセッティングをご提供させて頂く為、現車合わせを基本としております。<(_ _)>

 

販売価格はサスペンションキット本体149,400円+取付/セッティング(トー調整を含む)30,600円=180,000円+税

 

9月中旬頃~入荷予定にて予約受付中!!

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

“★新型イソマサ車高調!が出来上がりました!!狙いは「純正に極々近い乗り心地+α」となります。(^_^)v” への5件のフィードバック

  1. R/Y より:

    本日はNewイソマサ車高調デモカーを試乗させて頂き、ありがとうございました!

    段差でも突き上げが全く無く、かと言ってロールが大きいわけでもなく、運転していてとても楽しかったです。
    +αの部分がとても大きいと感じました(^^)

    P.S. 減衰力を前後とも+1して戻すのを忘れてそのままです。スイマセン。

  2. TK より:

    先日はどうもお世話になりました。

    車高調どくとくの揺れもなく、目線が安定して乗りやすかったです。
    謳い文句の通り悪路の突き上げがしっかり吸収されてます。
    魔法(減衰力)をかけた瞬間、コーナーが最初のセッティングより曲がること。味付けが自分の好みでした。

    もう乗ってみなさん体感してくださいとしか言いようがないです。

  3. 青ビ より:

    社長、突然の来店にも対応いただき、ありがとうございました。

    話の流れから試乗する事になり(本当)、イソマササーキットへ。
    以前試乗させていただいたモデューロと比較しますと、確かに近い乗り心地だったかと。
    車高調を感じさせない不思議な乗り心地は、私の好みから言ったら減衰-1で良かったかも。
    普段から通勤している県道は轍やヒビ割れなど路面が荒れておりますので、イソマササーキットでの試乗ではそんな印象を受けました。

    皆様、試乗されるなら平日が狙い目です。
    「本当に、たまたま」平日休みで午後から遊びに行った事で試乗する事になった訳ですが、直ぐに乗れますよ。

  4. フレームレッド1号車 より:

    New車高調、試乗して感動しました。
    初期の入力に対しては良く動き、一定以上の負荷がかかるとしっかりと踏ん張ってくれるスプリング。
    路面の荒れや段差については他の方がおっしゃってる通りですが、特に驚いたのはS字の切り返しやスラロームでの安定感。ロールケージ無しでこれはすごい!ただ固いだけの車高調(自分の…orz)ではボディが捩れてこうはいかない。
    これは減衰力や単なるバネレートの問題ではなく、バネ特性の差なんだと納得です。

    しなやかに追従しながらしっかりと踏ん張ってくれるのでドライビングが楽しくなりますね。
    そんなこの車高調を一言で表すならば、

    『これ下さい』

    この一言に尽きます(笑)
    うーん、早く9月にならないかなぁ~。

  5. T/A より:

    仕事用のタイヤ交換時に試乗!

    車高調でありながら「純正に極々近い乗り心地+α」の実現が叶いました。※むしろ悪路での路面からの突き上げは純正やカ〇バ、無限等より断然!少ないと思います。(^O^)/
    と紹介文通り本来の純正ビートに近い乗り味、純正より良い感じもしました。
    今から車高調を検討している方や他社製品に満足していない方は是非、試乗をオススメします!

    ちなみに私はイソマサオリジナル倒立式車高調にスイフト、ハイパコ 、ハル低反発など色々試し、現在はハイパコ で落ちた感じですが、まだ乗り心地はまだ固めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2020 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE