close >>

新らたなるオイル漏れ箇所でしょうか?前編

2017年06月21日

昨年9月、ビートの総合メンテのご依頼にてお預りした、

さいたま市のS様が先日送って下さった画像をお借りして掲載させて頂きました。

 

※ビート存続のためご協力の程、宜しくお願い致します。<(_ _)>

 

 

エンジンのオイルパン部分にオイルの滲みが発生!

 

 

ミッション本体とエンジン本体のつなぎ目にもオイルの滲みが?

パーツクリーナーで清掃にて10キロメートル程走行後に再び確認してみると・・・。

 

 

清掃前と同じで上記画像の様にオイルの滲みが・・・。

明らかにこの中でオイル漏れが発生していることは確かです。

 

現在の走行距離は7万キロを少し超えたところですが、

6.7万キロ時の昨年9月にお預りした際、

クランクオイルシール他クラッチ部分は全て新品パーツにてメンテを済の状況。

 

となればエンジン側からのオイル漏れは考えられず・・・。

 

 

 

上記画像の黒く丸い部分がクランクオイルシールです。

 

因みに内側の穴の部分にフライホイールが取り付けられ、

その外側へにクラッチディスク・カバーの順に装着します。

 

となればミッション側に疑いがあります。

 

では何処からか・・・?

 

 

◎答えは次の記事へと続きます。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE