close >>

赤ビート納車整備の様子。明日納車予定です。

2015年12月03日

ご覧の赤びー茨城県在住のK/I様におご購入頂きました。

販売価格は車両本体85万円で乗出し価格は約97万円(整備費用/部品代総て込み)
H3年式走行9.2万キロで外装は同色オールペイント・幌/ウエザーストリップ新品新品交換済。見た目は綺麗!


DSC08453

しかし、経年の為このくらいのメンテでは正直怖くて乗れません!。

ビートを乗出す前のウイークポイントは沢山有ります。納車整備した部分の画像です参考にしてください。


DSC08320

タイミングベルト・ウオーターポンプ関係は購入後の不安を引き摺らないように乗出し時に新品に総て交換。


DSC08460

タイヤも出来ればお勧めは「TOYOトランパスLUK」。 軽ミニバン専用ですが、縦にしなやか、横に確りは正にポテンザG3の再来の如くです。
当店のお客様が12月2日の走行に光サーキットにて、ついに47秒台に突入!しました。(驚)(ノーマルサイズです)


DSC08461

DSC08465

言わずと知れた水まわりのパーツ交換。


DSC08388

クラッチ作動系の交換。


DSC08457

制御系の交換。クラッチマスターASSY(油圧シリンダー)及びミッション側のスレーブシリンダーASSYもOHでなく新品に交換。


DSC08464

クラッチホースも交換


DSC08467

当然、ブレーキホースも交換。※純正ホースもまだ供給はありますが、同価格にてオリジナルのステンレスメッシュ製を推奨しています。


DSC08463

アクセルを吹かすとビビビ~ンの音の原因は、殆どこのコンバーターステーのヒビ割れが原因。



DSC08476

排気系も耐熱塗装処理を施します。


DSC08454

エアコン関連もパイプ・コンプレッサーもを含め各パーツを新品交換。



DSC08532


DSC08589


交換をケチったパーツの部分から殆ど再修理に繋がります。

旧車のメンテをケチるのはお金の無駄です。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE