close >>

成約車両の納車整備の様子その1

2016年08月11日

茨城県在住のN/H様にご購入頂いたH5年式 走行80,100キロ VER-Zです。


この個体は当店の管理ユーザー様より入荷した個体の為、
通常ブログにてご案内しているメンテナンスは殆ど済んでおります。

 

DSC00998

 

次回車検が28年11月となっており、

N/H様が実費にて当店で取得するとの事。


従って今回のメンテ内容は通常車検時の消耗部分等について重点的に行います。


そして納車後、数ヶ月お乗り頂き、BEATというクルマになれてからの真のご要望確認し、

来る車検整備に取り入れたいと思っています。

 

そのようにご案内している訳は下記に記するの通り

BEATはいろんな面で「嵌まる」クルマ?。


従って乗る前から脳内チューンを計りたくなるクルマの代表格?だと思います。
勿論!ご自分の色に染められるのは個人の自由です。


しかし、BEATはオリジナルの個体でクルマ持ち得るポテンシャルを十二分に発揮出来ます。
中古の個体を手に入れた時点から前オーナーの色があり、

実はノーマルを知らずにこれで良いかな?的にお乗りのユーザーも非常に多いのです。

で、当店に来店し純ノーマル的デモ車を試乗し、その素直なのり味に愕然とするのです・・・。


解決方法は既存付いている社外パーツを一つずつ外したり、

ノーマルに戻すと素直で乗りやすくなりますよ!と、お答えしています。(苦笑) 

 

因みに、当店での販売するBEAT/TODAYの納車整備について整備料金は一切頂いておりません。
全て販売車両金額に含まれております。(お客様依頼事項は別途)

 

メンテの様子は次回に続く

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE